おいしさをお届け|おいしい梅干しを食べる極意~通販サイト利用がポイント~|Oishii GOHAN
りんごのイラスト

Oishii GOHAN

新米をすぐにGETできる~通販のお米屋さんで買おう~

「お米」は日本人の主食

お米は、弥生時代からずっと日本人の主食としてあり続けました。今の時代でもそれは同じことで、西洋からパンが入ってきても主食としての地位を明け渡すには至っていません。
朝ごはんもお米でなければ駄目だという人はまだまだ多いです。お弁当にもお米は欠かすことのできないものになりますし、もちろん夜も欠かすことはできませんよね。一日三食お米だという人はかなりの数に上ります。
梅干しやお味噌汁、お漬物など、日本食のほとんどはお米をメインに据えることを想定して作られています。刺し身などもそうでしょう。そうした背景もあり、自然とお米が主食になる時代は伸び続けているわけです。

おいしさをお届け

お米

日本で作られるお米の特徴

日本で作られるお米は、改良に改良を重ねられたものになります。お米の品種改良をし始めたのは日本が最初だという説もあります。長い時間と労力をかけてひたすらに改良を続けてきたので、今の日本のお米は非常に病気に強くなっているという特徴があるわけです。多少の寒さでもしっかりと稲穂を垂らしてくれるので、安定的に収穫ができるようになっています。
食感について言えば、お米の粒が一つ一つ大きく、肉厚なのが特徴的です。もちもちとした食感があって、噛めば噛むほどに甘みが口の中に広がっていきます。糖度が高いこともあって、日本のお米は世界でも割と人気です。

お米の収穫時期

日本は縦に長い国ですから、北と南では大きく気候が異なります。ですから、お米の収穫時期も地域によって数ヶ月差が出るのが普通ですね。沖縄あたりなら、6月頃に収穫をすることもあります。本州なら9月から10月というのが一般的でしょう。
気候によっても差は出ますが、品種によっても差が出ることがあります。寒さに強い品種や他のものより早く成長をする品種なども、品種改良によって生まれてきています。その農家がどんな品種を選ぶかでも収穫の時期は変わります。ただ、一般的に遅くても11月までには収穫をすることが多いです。

お店だけでなく通販から購入することもできる

今までは、お米屋さんやスーパーでお米を購入する人がほとんどでした。しかし最近は、通販で買うという人も多くなってきました。お米は重量があるものですから、女性やお年寄りには買いにくいです。田舎なら、車がないと買えないというケースも出てくることでしょう。その点、通販なら自宅に直接送り届けてくれるので助かります。
また、日本全国の様々なブランドの中で自分の好きなものを選べるのも通販の魅力です。品揃えは非常に豊富ですし、自分に合う美味しいお米を探すならむしろ通販の方が便利かもしれません。通販ならどんなものでも値段は最安値に近いですし、その点も魅力です。

広告募集中